ノブヒェン窯でフォッカチャ

明るいうちに帰れたので、ノブ窯でフォッカチャを焼いてみた。
レシピは
強力粉150g 薄力粉150g オリーブオイル15cc
塩6g 砂糖6g ぬるま湯160cc ドライイースト4g
ボウルにつかなくなるまで10分ほど練って、1次発酵30分、整形して30分
でノブフェン窯で18分。少しこげてしまった。敷き瓦は必須かな。
f0165202_21485858.jpg

f0165202_2148271.jpg

f0165202_2149157.jpg

メークインだよって言われても男爵でリベンジ、返り討ち。修行が足りない。メインディッシュは鳥モモ塩麹醤油漬け。

ちなみに併行してガスオーブンで焼いたモノ。見ながらなので焦げなし。250度で10分くらい。
f0165202_21511793.jpg
f0165202_21513024.jpg

発酵時間や温度は適当だったから、もちもちはもう一歩かな。でも簡単!!

恐るべしノブヒェン窯!
味にうるさい高二娘は久しぶりに「おいしい」と、のたまう。

今回の失敗例
一次発酵を1時間のレシピを時間無く30分で割愛、しかも炊飯器機能ですました。
 →確かにふわふわ発酵が足りない状態。
二次発酵は30分かけたが、ガスレンジで行って、乾燥した?
この点、手抜きしました。
[PR]
by enasanroku | 2012-09-13 21:56 | ロケストとノブヒェン | Comments(2)
Commented by veronica-t at 2012-09-14 09:39
敷き瓦、必須です。
たかが瓦・・って、侮れないことが使ってみて、よ〜〜く解りました。(笑)
しかも、瓦を前もって濡らすか、乾いたままで使うかでも、結果は大きく
異なります。
と、いうことは・・、料理によって、瓦を濡らしたり乾いたままでと使い方を変えれば、どんなものも作れちゃいます!
凄いですよ。。

>メークインだよって言われても男爵でリベンジ、返り討ち。修行が足りない。
enasanrokuさん、思わず拍手しちゃいました。。(笑)
今度、うちのメークインと玉葱を送らせてください。
次回は、ぜひメークインでリベンジしてください。。

子どもの「美味しい!」は、ほんと凄いチカラを持っていますよね。
私も、これがあるから頑張れます。。
Commented by enasanroku at 2012-09-17 12:57
中途半端に田舎では古瓦も手に入りにくく、代わりのモノを探しているのて゜すけど、難しいです。無いかもしれません。
<< 山越え飯田まで買い物 BSフジ ユタカな田舎 をみて... >>