カテゴリ:ロケストとノブヒェン( 44 )

防災フェスティバル 参加しました。

2年前の昨日(8月6日)は、暑さにヤラレタ記念すべき日(笑)、毎年仕事は休んでクールダウンの日ということにして、涼しく過ごしたかったのだけど、、、
灼熱の今季最暑の日となりました。

しかし、予想以上のお客さんが
f0165202_09091893.jpg
四ツ目川遊砂工の公園に集まっていただき、、400人は見えたかな。
ロケスト担当としては
f0165202_09091843.jpg
レンガでも作ってみたけど、、、やっぱりうまく燃えないね。
f0165202_09091815.jpg
ダッチオーブンでいろいろ蒸し焼きしています。
f0165202_09091832.jpg
ポリ袋で焼きそばを婦人部の方々が
f0165202_09091961.jpg
ドローンも飛びました。
f0165202_09091710.jpg
仕事もしています。
f0165202_09091854.jpg
土石流の模型実験も2ステージ
この時点で10時過ぎ、持ち込んだお茶2リットルは飲み干し、ヘロヘロ状態。
f0165202_09091836.jpg
周囲に助けを求めるシグナル「白杖SOS」も紹介
視覚障害の方たちの「助けて」意思表示は白い杖を上げること。
でも、決して誘導に「白杖」を持たないこと、引っ張らないこと。不安になるそうです。
f0165202_09091885.jpg
救命講習も行われました。
しっかりと5センチ程度押して、確実に戻すこと。
でないと、マッサージがポンプの代わりにならない。

とりあえず、何事も無く終了。大勢の参加があって、めでたしめでたし。

追記
白杖の音が「うるさいよ!」怒鳴られた全盲の女性。音を出す意味知ってますか?
下の画像は「白杖SOSシンボルマーク」です。見たことのない方が多いのではないでしょうか。
方向が解らなくなった、不安で動けない、初めての場所で迷子になってしまった・・・等々の理由から白杖を頭上50cm程度に掲げることで助けを求める意思表示行なっている様子をシンボルマークとして採用。
しかし、残念ながらSOSシグナルもシンボルマークも全国に普及していないのです。そして、このシグナルに対しても「広まってほしくない」との声も上がっています。え?なぜ?

f0165202_09523275.jpg
「白杖を掲げていなかったから」掲げていないからと言って困ってる訳ではありません。また、視覚障害者ですら知らない白杖SOSって問題だと思いませんか?杖を掲げるサインが視覚障害者の総意なのか?と聞けばちょっと違う様子…
でも、杖を掲げていても掲げていなくても、「人が困ってる様子」って見て分かりますよね。「どうしましたか?」この一言をかけるだけで安心に繫がると思いませんか?
目の不自由な人がいたらほんの少し注意して優しく見守ってあげませんか?困っていると感じた時、例え困っているように見えなくても、こちら側の判断で、このままだと危険だと思ったら声をかけてみませんか?
必要なのは「白杖SOS」かかわらず、健常者が障害者の方々に「当たり前」のように声掛けができる社会なのではないでしょうか。
もちろん、政府・行政の力も必要です。多くの人達に白杖の意味を使い方を認識してもらう為にも、もっと大きな声をあげ世の中に働きかける必要があると思います。

以上は、知らなかったので、ネットから転載しました。








[PR]
by enasanroku | 2016-08-07 09:19 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

ロケットストーブの補修 ヒートライザー劣化

昨日の女性防火クラブのデモで、炊きあがりが満足出来なったので(時間がかかって)、貸し出しように使っている3台を分解してみた。
かれこれ東北震災以降なので4~5年経過か。
地区のイベントにも貸し出しているので、きっと使い方は想定以上。
煙突を覗いて見ると、やっぱり変形多数。
f0165202_10071134.jpg
f0165202_10070017.jpg
f0165202_10073216.jpg
直管の下部と曲がりの破損がひどそう。
初めて作ったのが壊れている。
f0165202_10083663.jpg
あとの2台は同じくらい
f0165202_10084624.jpg
f0165202_10085580.jpg
詰め物の違い
f0165202_10103129.jpg
パーライトは粒の小さい物と大きい物
空き缶を使った遮蔽物も入れていた、、すっかり忘れてた。
f0165202_10112031.jpg
空き缶はヒートライザー(直煙突)の断熱を考えてみて、少し太めの空き缶を入れたもの。
直煙突の周りに薪ストーブ用の断熱材(残材)を巻いてみたもりの
何もしないものと、3台とも仕様を替えていたことをすっかり忘却の彼方へ、、、、どおりで、違うはずだ。

Tは大丈夫なので、曲がりと直管を交換することにしました。
8月6日の防災フェスティバルには新装ロケストで!!

予想では
1 細かいパーライトに断熱材
2 細かいパーライトに空き缶
3 大粒のパーライト
の順に、機能発揮。今度は記録しておきます。(^0^)
ただ、燃焼温度が高くなることで、煙突の変形劣化は早くなるかもしれない。







[PR]
by enasanroku | 2016-07-24 10:18 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

女性防火クラブの炊き出し訓練に参加

中津消防署にお邪魔して、女性防火クラブの炊き出し訓練に参加してきました。
とりあえず鉄板の焼き芋
f0165202_20325390.jpg
ロケストは4台
f0165202_20324134.jpg
ご婦人方の講習会が始まります。
f0165202_20325891.jpg
f0165202_20330131.jpg
ビール缶を使った炊飯
f0165202_20330700.jpg
大量のピザ
この間、ずっーーーーと、火の番していたので
いつの間にか試食会へと
f0165202_20331412.jpg
f0165202_20332095.jpg
大活躍のロケスト
1台だけ煙突径の大きい物120ミリかな、ありました。さすが火力はあるけど、薪の消費もおおい。
f0165202_20332447.jpg
と、車庫には一昨年お世話になった999の救急車が止まってました。
早速に記念写真を
f0165202_20332845.jpg
ピンぼけだった~~










[PR]
by enasanroku | 2016-07-23 20:51 | ロケストとノブヒェン | Comments(2)

ペール缶1個で作るロケットストーブ (固定式)

ペール缶を1個使ってロケットストーブを作ってみました。
緊急用です。
いざというときにはペール缶1つでもあれば出来ることを考えてみました。
f0165202_11111736.jpg
材料はペール缶1個、ブロック数個、調整用のレンガや何か数センチの厚みの物
f0165202_11165909.jpg
f0165202_11151773.jpg
加工は煙突を通す穴だけです。
f0165202_11160051.jpg
ブロックやレンガを並べます
f0165202_11175285.jpg
石や砂利を詰めて完成です。
f0165202_11184727.jpg
ペール缶の底が余っていたので五徳代に使いました。少し大きめの石やレンガの半割、瓦の割れた物を敷いて五徳の台にすればいいでしょうか。
基本固定ですが、移動することも可能です。意外と重く、安定はしています。
f0165202_11193141.jpg
燃焼実験です。
f0165202_11212622.jpg
ここまで30分程度です。
f0165202_11232589.jpg
さすがロケットストーブ、火付きは早いです。
f0165202_11240506.jpg
火力も強力。さて、何か作ってみよう。
f0165202_11111736.jpg
・たとえば、折りたたみの足でもつけたらどうだろうか?焚き口のTからエビ曲までが露出なので放熱と劣化が心配だけど、、、都度埋めてもいいかなとも思う。まさしくロケットみたいな形状。
・ブロックを平行に並べて、奥に1個、煙道の形にしたら、Tもエビもいらないかな。薄い鉄板が必要になる?

ブロックの配置を変えてみた。やはりペール缶の下に砂利は入りにくい。
f0165202_13432202.jpg
f0165202_13435072.jpg

この組み合わせで、組んでみたけど、もう一つしっくりこない。煙突の長さと、五徳の高さと、安定性がもう一つ。レンガが動いて隙間から砂利が漏れる。
f0165202_08233760.jpg
コンクリートブロックの下に高さ調整のブロックを入れて高くして、灰出しの位置を高くすれば、使い勝手も良くなるんじゃ無いかなと、取り壊し。
再調整中。

[PR]
by enasanroku | 2016-04-29 11:25 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

被災時に ポリ袋でご飯を炊く方法 静岡赤十字病院より転載

数年前に、地元の方たちとロケットストーブを使って、炊き出し訓練を行いました。熊本地震災害がありましたので、要約ページを目立つように再掲しました。
 本編はこちら

ポリ袋でご飯を炊く方法 - 静岡赤十字病院
f0165202_18191416.jpg
その他の炊き出しレシピはここ
f0165202_1922235.jpg
実際の調理はこんな風。ご飯の時は空気を抜きますから注意!!!!!

肉じゃが はこんな感じ
f0165202_1820044.jpg

f0165202_18204935.jpg

できあがりは
f0165202_18221218.jpg

袋から出してみると、ふっくら炊けてました。
f0165202_18211354.jpg

[PR]
by enasanroku | 2016-04-17 18:24 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

ノブヒェン窯 新作トライ

昨年の4月にノブヒェン窯5種類を紹介させてもらった。
f0165202_13164655.jpg
フライパンがとうとう廃盤?になったり、市販では手に入らないことがあったので、少し考えを変えてみた。
燻製鍋の利用はどうだろうか?

ネットで探ると、いろいろな燻製鍋がヒットした。鍋蓋も当然のことフィットしていてインナーボウルにもなるし都合がいい。
当然チップを空だきする前提なので、毒ガス発生しそうなテフロンやフッ素加工もしていない。鉄板の厚みもそこそこありそうだ。
あとは被せるアウターボウルがあれば、ハードルは格段に低くなる。スペーサーもいらないんじゃないか?

まず。 ベルモント(Belmont) H-027 鉄製燻製鍋27cm
f0165202_21565480.jpg
  • 原産国:日本
  • 本体材質:鉄1.2mm(シリコン樹脂加工)
  • 網材質:鉄
  • 皿材質:アルスター
  • サイズ:直径27cm これは鍋の内径が270㍉でした。
  • 塗装:シリコン樹脂
鉄の厚みが、おすすめだったスノーピーク(snow peak) フィールドクッカーPro.1のフライパンと同じなので、期待が持てる。

f0165202_21571196.jpg
●製品サイズ(約)/幅300×奥行310×高さ195mm 外側の径が300ミリで取って金具のところで310ミリと思う。
●重量(約)/1.6kg
●材質/本体・ふた:鉄(錫めっき)、網・ハンドル:鉄(クロムめっき)、つまみ:天然木
●セット内容/本体:1、ふた:1、網:1

3つめは Zwilling ツインスペシャルズ スモーカーセット 28cm 40990-001
定価は20000円超えだけど、さすが楽天、安いですけど納期未定。4月以降の予定。
f0165202_21571887.jpg
  • メーカー型番:40990-001
  • サイズ:(外寸)幅293×奥行き394×高さ197mm 鍋の外径が293で取っての幅が394ミリ と思う。
  • 本体重量:2.6kg
  • 材質:本体=18-10ステンレス、底=+アルミ+ステンレス
  • 原産国:インドネシア
  • 熱源:IH200V対応(電子レンジ使用不可)
  • 備考:自動食洗機対応


で、良さそうなベルモント(Belmont) H-027 鉄製燻製鍋27cmをアマゾンでポチり。翌日に届いた。

f0165202_11491961.jpg
早速、検品。
f0165202_11500164.jpg
サイズを測ってみます。
f0165202_11504053.jpg
外回りで直径28センチ程度。少し大きい。深さは7センチ5ミリ程度。
蓋は
f0165202_11513298.jpg
蓋の直径は27センチ。深さは7センチと少し。大きいボウルが必要。
f0165202_11522566.jpg
チップを乗せるアルミの皿は、直径19センチ程度。ぎりぎりテラコッタ皿が載りそう。
f0165202_11532837.jpg
いい具合。
網は、直径23センチ、足は高さ4センチ。もう少し高さの低い2センチ位の網があるといい感じ。
f0165202_11540006.jpg
大きめのピザでも焼けそうなサイズ。
f0165202_11544182.jpg
アウターボウルは
柳宗理のいただいた物は少し小さい、ぎりぎりで熱が入らない大きさ。
f0165202_11555290.jpg
f0165202_11560313.jpg
隙間が無い。オーブンにならない。
我が家にある、大きいボウル。直径32.5センチ程度。
直径が30.5センチより小さいと、とっての引っかかりに載らないので、注意。
f0165202_12011174.jpg
f0165202_12013363.jpg
熱がこもりそうな隙間。蓋の穴は、温度計を差し込む穴。ボルトで塞ぐ予定。
f0165202_12024957.jpg
アウターボウルがちょうど取っ手に乗っかっていい具合。30センチサイズがいいですね。

ベルモントの燻製鍋、思ったより活躍しそうです。鉄の厚みもあって、なかなかよさげです。
何も加工が必要が無いところが二重丸です。
今のところのおすすめ。
実際使ってみないと判断してはいけないけどね。なんとなく感!

課題:蓋の高さが7センチと少し低いので、背の高いインナーボウルに変えてもいいと思う。ただ、外径27センチのぴったりしたボウルはなかなか見つからない。









[PR]
by enasanroku | 2016-03-20 06:36 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

キッチンロケットストーブの作り方 2015 きっと被災地でも活躍する !!

事の始まりは東北震災後の 被災地支援 「島根焚き火小屋」さんから。
おすすめ、保存版パンの焼き方
f0165202_1249535.jpg

電気が止まってもガスが切れても、少しの木材、割り箸でも燃える物があれば、煮炊き出来ます。

ご覧いただきありがとうございます。多くの方々に見ていただき、キッチンロケットストーブの有用なことを体験して理解していただけたらと思っています。
さて、難関だった「五徳」について、進展がありました。手作り溶接でなく、少し工業製品化を試しています。
ブログに経緯を書きましたので、よろしければ。
五徳のカタチで紹介しています。
  ↑とりあえず50個を試作して市販を始めました。コメントなどいただければ幸いです。
___________________________________________________________________

キッチンロケットストーブの作り方
YOU TUBE 作り方1
YOU TUBE 作り方2
YOU TUBE 作り方3
無言で、申し訳ない。若い頃「見てわからんモンは、聞いてもわからん」と今で言う山ガールに言われたことがありまして。見てくださいな。
必ずゴーグルしてくださいね。鉄粉が目に入ると失明の恐れがあります。少し配慮不足の場面もありますが、それぞれ安全には気をつけてください。

ペール缶を加工する道具について
ドリル等の電動工具があれば加工は簡単ですが、ペール缶の鋼板の厚さは意外と薄いので千枚通しでも穴は開けられます。
ドリルが無くてもリーマーや電工ナイフでも穴は大きく開けることができます。
今回は正確に早く作りたいので、手持ちの電動工具を使って作成しています。
f0165202_15545532.jpg

材料は
ペール缶2個、煙突(直、曲り、T)、M6ボルト15mm(ペール缶連結用)4本、M6ボルト10mm(煙突補強用)4本、パーライト(およそ35リットル使うので50リットルを買って、残りは補充用に)、五徳(煉瓦3個でも、廃棄のコンロ台の五徳利用もあり。少し不安定ですが)

煙突の種類 ステンレス 半直筒 φ106mm、ステンレス エビ曲90° φ106mm、ステンレス T曲 φ106mm

パーライト(真珠石)
f0165202_21154310.jpg
f0165202_21155274.jpg

費用は近くのホームセンターで
煙突 半直筒 φ106mm-958円、エビ曲90° φ106mm-948円、T曲 φ106mm-1380円
パーライト(真珠石)1280円-、M6ボルト15mm-180円、M6ボルト10mm-180円
計4926円

道具は
電動ドリル6mm、電動ドライバー細めのドリル、リーマー、金切りはさみ、電工ナイフ、ディスクグラインダー(カット用、無くてもハサミでなんとか)
f0165202_15553916.jpg

ストーブの高さが今回は645mmになるように作ります。この高さで、煙突の上端がペール缶の上縁より約1センチ下がるように寸法を決めています。ただミリ単位での誤差は出ます。
ストーブの高さ645mm-煙突高さ594mm-上端からの下がり10mm=横穴の下の高さ41mm
煙突の高さは製図の数値なので、組んでみて実測して求めてください。数ミリの差はあります。
煙突上端をペール缶の上端から下げたいときは横穴の高さ(図では42mm)を下げるか、全体高さ(図では645mm)を上げます。
上段のペール缶の底は煙突穴の切れ込みを入れて最後にカットするようにします。最初にカットしてしまうと穴あけがやりにくくなります。下段のペール缶のハンドルは外しておきます。
ハンドルの根本をペンチやニッパーでひねると簡単に外れます。
f0165202_17235751.jpg
★★複数作る場合のヒントです。
連結する穴の開け方について、太鼓のような架台を作って見ました。
正確ですし、簡単だし、時短だし、斜めにならないし、作る機会が多い方は是非作って見てください。
f0165202_13492133.jpg
f0165202_13494721.jpg
f0165202_13495446.jpg
キッチンロケットストーブ 作成架台

★★1個だけの場合は、以下の通りです。
下段にセットするペール缶にボルト孔を4カ所あけます。対角になるようにあけます。位置は多少のズレは問題ありません。
2カ所目は、最初に開けてボルトで仮止めした箇所の反対側をあけます。隙間を均等にして。3カ所目は、その中間を開けます。
まずは小さな孔をあけてから、6ミリのドリルで大きくします。千枚通しやリーマーで大きくしてもよい。穴の位置は正確で無くてもいいが、幅が狭いので限られてくると思います。
f0165202_1559280.jpg

あけたボルト孔の位置をはかります。今回は348mmなので645mm-348mm=297mmになるので、上の缶のボルト孔の位置は297mmのところになります。
f0165202_15593178.jpg

最初のボルトの位置に孔をあけます。例297mmのところになマジックペンでマーキングして穴あけをします。他の3カ所穴の位置は実測して決めていきます。
f0165202_1793042.jpg

f0165202_17947100.jpg

仮組みし、ボルトで固定します。仮組みした高さを測ります。きっと数ミリ違ってきますが、この高さを基準に他のボルト孔をあけていきます。
f0165202_17114877.jpg

横に寝かせて、高さを測りながらボルト位置をマジックなどでマーキングします。隙間は均等にしておきます。折りたたんだ紙をくさびのように挟んでおくといいと思います。
寝かせたまま、電動ドリルやリーマーで孔をあけます。電動ドリルなら組んだまま孔をあけていきます。千枚通しやリーマーで孔をあける場合は、ばらしてあけた方がよいと思います。
残りの2箇所についても高さを保ち孔の位置を決めます。3つめのボルトで水平が決まるので、4つめの位置も決まってきます。
仮組みします。問題がないかチェックします。水平が多少ずれていても五徳で斜めの調整はできます。
f0165202_1425459.jpg
煙突孔の位置のマーキングのためにばらします。
型紙を作ってマジックでマーキングします。そのままA4サイズでプリントすると実寸法の図面になります。
下段に使うペール缶の焚き口の横抜きのところです。ペール缶が曲面なので横に少し長い楕円で書いてあります。
f0165202_20541195.jpg

上段に使うペール缶の底を丸く抜く図面です。切り離して煙突が貫通して五徳の台になります。
f0165202_141742100.jpg

厚紙にプリントするか、ラミネートするのも丈夫でよいと思います。
煙突の大きさより約2mm大きくカットするように型紙は作ってありますが、マーキングしたマジックのラインまで切るか、ラインの途中できるかによって微妙に通らない場合もあります。
型紙を煙突に当てて空きを見てみます。横は小さめなので大きめにマーキングします。底は丁度いいかな。
f0165202_21455296.jpg

f0165202_17155252.jpg
f0165202_1716359.jpg
f0165202_17161534.jpg

電工ナイフでカットします。缶切りの要領で少し力を入れると「スッ」と切れます。
f0165202_21471614.jpg

f0165202_21474136.jpg

金切りハサミで丸く切り抜きます。
f0165202_2148140.jpg

細かく切り込みしたほうが円に近くなるので通りやすくなります。
f0165202_21483053.jpg

ディスクグラインダーでカットするとこんな感じ。
f0165202_21485229.jpg

f0165202_21491972.jpg

やっと上のペール缶の底を抜きます。マジックでラインを書いておくとズレずにカットできます。2センチでカットしました。
f0165202_21501022.jpg

必ず手袋をして曲げます。素手だと手を切ること保証します。
f0165202_215179.jpg

入らなければ、もう一度型紙を当てて大きめにカットします。鉄なので無理にしても入りません。
f0165202_21511546.jpg

煙突を当ててみます。中側から太い方、ホンマの煙突ならシールのある方が外側です。切り込みは煙突が通る程度に曲げておきます。折り込んでしまうと、隙間からパーライトが漏れてくることがあります。隙間が大きいときは、曲げた切れ込みを戻しておきます。
f0165202_21512654.jpg

f0165202_1294031.jpg

五徳台(ペール缶の底)を曲げておきます。細かく切った方が円に近く入りやすいです。
f0165202_21543343.jpg

f0165202_20472655.jpg

ペール缶を組み立てて煙突を繋ぎます。
f0165202_21562559.jpg

五徳台をかぶせて取り合いを確かめます。ペール缶の縁から煙突までの長さを測っておきます。煙突が真ん中になるように、パーライトを入れるときの目安にします。
f0165202_21564419.jpg

f0165202_2048337.jpg

パーライトを詰めます。煙突Tの蓋をかぶせておくと煙突に入りません。
f0165202_20491124.jpg
f0165202_20495014.jpg

煙突の下がりを確認してみます。約1センチです。ほぼ設計通りになりました。
f0165202_2050592.jpg

五徳台を被せて完成です。
f0165202_205669.jpg


オプション
煙突のつなぎを補強します。
f0165202_20565420.jpg

五徳は煉瓦などを使います。

特注の五徳をセットして完了。
f0165202_2154895.jpg

鉄の輪っかの五徳は、何とか安く作れるようにうになりました。安く作って東北支援になるようになればと。
本サイトにアップしました。少ししか作れないので、、。たまにヤフーオークションに出しています。

今は溶接の必要なし五徳を考えています。
f0165202_7584092.jpg
完成しました。50セット限りですが市販しています。

とりあえず2015/10/15版です。
わからないところがあればお知らせください。修正しアップしていきます。
[PR]
by enasanroku | 2015-10-15 08:00 | ロケストとノブヒェン | Comments(3)

防災研修会

地区の方が中津川市の協力を得て、昨年に引き続き2回目の防災研修会を開催しました。
中津川出張所3名はサポート参加しました。
f0165202_19142838.jpg

参加された方は、昨年の倍!!70人くらいは。
待機するキッチンロケットストーブ9台
f0165202_19154394.jpg

防災研修会ということで「降雨体験機」
f0165202_19161677.jpg

なるほど「土石流模型実験」
f0165202_19171015.jpg

所長の簡単な「ペットボトル・雨量計」
f0165202_19174386.jpg

さっそく、点火。あっという間に火が熾きるので、驚かれます。
f0165202_19181231.jpg
f0165202_19182061.jpg

瓦のロケットストーブも組んでもらいました。
f0165202_19203020.jpg
f0165202_19204056.jpg

ついでにレンガのロケットストーブも
f0165202_1921543.jpg

↑とりあえず煙道の仕組み解説用
f0165202_1922693.jpg

ご飯も炊けてきました。
f0165202_1922235.jpg

メニューはカレーと冷やし汁でした。写真は撮り忘れ、、、
地区の方々、それぞれのイベント参加に忙しくて、気がついたら火の番が誰もいない。
担当が終わった係長、所長が火の番です。
f0165202_19241863.jpg

あとは 焼きそば焼いたり
f0165202_19244412.jpg

マス焼いたり
f0165202_19251465.jpg

ピザ焼いたり
f0165202_19253287.jpg

防災を身近に考えてもらうには、好評な1日でした。
f0165202_19262119.jpg

[PR]
by enasanroku | 2015-08-08 19:26 | ロケストとノブヒェン | Comments(2)

キャンプ砂防

四ツ目遊砂工で炊き出し訓練として、ロケスト ノブ釜活躍しました。
今年は大学生2名 一人は中国からの研修生。興味津々。
f0165202_2213276.jpg

町中のレストランで食べるより、ずっーといいと思って。↓研修生作
f0165202_22134132.jpg

今回の生地は全粒粉3割配合。
f0165202_2214885.jpg

強力粉の割合が少ないので、伸ばし易い。縮まないのがいいのですが、食感がどうかと思いましたが。
f0165202_22141866.jpg
f0165202_22143113.jpg

f0165202_22151189.jpg

野菜多め。
f0165202_22152464.jpg
f0165202_22154047.jpg

具材を包み込んで おいしそうです。
f0165202_22155087.jpg

おいしかった。
今回は1キロ仕込んで完食でした。
ロケットストーブの作成説明書をお持ち帰りしていただきました。某所で普及員になるかも、、、、

NPO法人 土砂災害防止広報センター より転載
キャンプ砂防とは
  我が国は、急峻な地形、脆弱な地質等により土砂災害を受けやすい自然条件下にあります。
さらに、近年中山間地域では、過疎化、高齢化に伴い森林管理の衰退や耕作放棄地の増加などにより荒廃が進んでおり、土砂災害の発生等大きな社会問題となっております。一方、このような中山間地域においては、活力ある地域づくりのために各地域の個性を活かした様々な取り組みがなされています。
 このような中山間地域の現状を実際に体験できる場を全国の学生に提供し、地域の抱える問題点、活性化の支援のあり方、防災対策のあり方を学び、中山間地域における砂防の意義・役割を考えることを目的として、平成8年度より「キャンプ砂防」が実施されています。
と至ってまじめに、午前中は恵那山の崩壊地へ、午後からは中津川上流の砂防現場へ行ってきました。
一昨日は、御嶽山崩れを見学した様です。
[PR]
by enasanroku | 2015-08-06 22:23 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)

ノブフェン窯5種

ノブフェン窯は しまね自然の学校の焚き火小屋の管理人 岡野さんが考えられ、手作りで作っておられる。
オリジナルはこちら
f0165202_13102322.jpg

フライパンと大小のボウルが基本。フライパンはフッ素加工を削っているし、ボウルの間に熱の層を持つためのスペーサーは単管バイブをカットして丸い鉄板を溶接して付けた物。
仕事師の技、集大成、なかなか素人ができるもんじゃない。
ということで
市販の物であれこれそろえてみたら、ということでまとめて見ました。
とりあえず5種類 実質4種類ですが
f0165202_1314239.jpg

奥、左から すき焼き鋳物なべ スノーピークのフライパン ステンレスの鍋
手前 左から スノーピークのフライパン パエリアパン の5タイプ
 ★ただし スノーピークのフライパンは製造中止の様です。
インナーボウルを被せて
f0165202_13164655.jpg

アウターボウルを被せて
f0165202_13165760.jpg

フライパン
f0165202_13173593.jpg

と ボウル
f0165202_1317556.jpg

と スペーサー
f0165202_13182490.jpg

できあがりは
f0165202_13185122.jpg


まずは、スノーピークのフライパン。製造中止なんだけど、中古でも、取っ手が無くても見つけたら手に入れましょう。いままで試した中でベスト、超える物が無いので悩んでいます。
ただし、ロケットストーブの強烈な火力には、少し変形しますね。平らでは無くなって来ました。
f0165202_13213112.jpg
f0165202_13214561.jpg
f0165202_13215638.jpg

蒸し専用にしてみて
f0165202_13244239.jpg

f0165202_13245540.jpg

◎次は、いまのところ中々調子よい、鋳物のすき焼き鍋。
f0165202_13254530.jpg
f0165202_13255416.jpg
f0165202_13261439.jpg

取っ手が邪魔になって、アウターボウルは一回り大きめサイズ。
蓄熱が良さそうなので、意外と使えると思います。熱の変形も無さそうだし、重いのは扱う上では欠点でも、調理には問題なし。オークションで1000円送料込みで買いました。

○楽天でも売っています、パエリアパン。厚さもあるので、熱には良さそうですが、鍋が浅いのと、インナーボウルが固定されないので、ずれることしばしば。王滝村で焼き芋とクッキーを作りました。良くできました◎です。
f0165202_13311483.jpg

f0165202_13312418.jpg
f0165202_13313750.jpg


○これも楽天の寄せ鍋
少し鍋の底辺が狭いので、瓦しか置けません、
f0165202_1333456.jpg

f0165202_13325565.jpg
f0165202_1333829.jpg
f0165202_1333225.jpg

これがオススメはまだありませんね。
いろいろ探してみて経験するしか、、、、
[PR]
by enasanroku | 2015-04-19 13:37 | ロケストとノブヒェン | Comments(0)