カテゴリ:五徳のカタチ( 8 )

キッチンロケットストーブ用五徳・ごとく 市販します

次期の制作を計画していますので、お待ちください。2017年4月から販売再開しました。
初期費用が無いので、少し安くします。

★ロケットストーブ、エコストーブ等ペール缶などを使ったキッチンロケットストーブに最適にデザインしてあります。
ホンマ製作所106ミリを参考に作ってます。同様な径なら使用できます。
★ダッチオーブンの置き台にもなります。
★薪ストーブのトリベットにも。
★安全に調理出来るように!
f0165202_21372013.jpg
A.足と輪っかのセット   1800円 送料込み いつでも発送出来ます。
f0165202_21464842.jpg
B.治具のクマとリンゴ付き 2300円 送料込み いつでも発送出来ます。
C.完成品    3300円 送料込み 制作のお時間を頂きます。

横から見た図
f0165202_20594722.jpg
上から見た図
f0165202_20523250.jpg
治具をどうするか悩んで、結局 ツキノワグマとリンゴ
f0165202_21512029.jpg
f0165202_22071205.jpg

使い方は 挟んで万力で締めます
f0165202_21042985.jpg
f0165202_22063089.jpg

五徳の足と輪っかの内側のカーブが、万力と干渉して最後まで押し込めません。ナットとか何か細い物を万力との間に挟めばナントカ押し込めますが、なかなか難しいです。そういった細かい材料が無い場合などは、治具のクマとリンゴをお求めください。
f0165202_22500490.jpg
ナットの固定は難しく、とも周りしてズレて、いらいらします。

リスはコストの関係で今回は見送りとなりました。
できあがりは
f0165202_21372013.jpg
ロケットストーブに106ミリ煙突ならぴったりです
f0165202_21381719.jpg
ホーローのケトルです。
f0165202_21392629.jpg


f0165202_21394504.jpg
ストウブです。
f0165202_21404784.jpg
f0165202_21421073.jpg
ノブ窯です。
f0165202_21434067.jpg

f0165202_21441605.jpg
発送の手順
 1.下記にメールをください。
    郵便番号 ご住所 ご氏名 ご希望のセット 個数
 2.こちらから返信します。
 3.送金方法をお知らせします。
  ・郵貯銀行
  ・三菱東京UFJ銀行
   現金は記録に残らないのと受け取りが難しいので上記の2行を予定しています。
 4.送金してください。送金先をメールしてください。郵貯の場合はメールが入りますので連絡メールは不用です。
 5.確認のメールをさせていただきます。
 6.発送します。

連絡先メール
satoyamano5toku
(I)
yahoo.co.jp

へ お願いします。(I)は@に変えて送ってください。
ブログのコメント欄に決して記入しないでください。個人情報が掲示される場合があります。

よろしくお願いします。
完売しました。207年4月に再販しました。

万力について
木工用は壊れてしまいました。
f0165202_22523301.jpg
今回試した物は
f0165202_22553206.jpg
レンチも使える、鍛造の万力です。ホームセンターで700円程度で売られています。カインズホームでも、もう少し安かったです。
注 カインズのは不可、鋼材が弱くて本体がたわんで、押し込めない。

今回の「里山の五徳」について
アイディア 中野裕(里山に憧れているプロカメラマン) 三輪勝弘
プロセス 三輪勝弘
制 作 ナカノスタジオ 中野裕 

DIYメモ
・もし、キツすぎて入らなくて、外した場合に、却って緩くなった場合。
  溶接は、車のディーラーや町の修理工場にあります。点溶接くらいならお願いできるかもしれません。

[PR]
by enasanroku | 2015-12-26 17:28 | 五徳のカタチ | Comments(0)

五徳のカタチ 最終(やっと)

ほぼ最終のカタチになって来ました。ロケスト106ミリ専用 五徳。
カタチはほぼ4号機と変わらず、填め込みに悩んでいました。
誰でもナントカ出来る、溶接はしない、ただし治具がいるので、、、まだ試行錯誤していますが
f0165202_21260890.jpg
里山の動物も増えてきました。
リスとクマとイノシシ(検討中)
f0165202_21320990.jpg
いろいろと道具をお持ちの方なら、はめ込むだけなので、どってこと(力いりますが)無いのですけど。
f0165202_18340227.jpg
しめる道具はGISUKE 高儀 鍛造C型クランプ ブラック50mm、ホームセンターでもアマゾンでも。

誰でも出来る物で無いと、ということで
クマと切り株リスの登場です。
こんな風に使います。
f0165202_21350881.jpg
下にいるのが切り株とリスです。上はクマ。
挟み込んで、溶接用の万力で押し込みます。六角ボルト付きなのでソケットレンチやスパナで力一杯締め込みます。
f0165202_21371738.jpg
押さえて締め込みます。きついですが、嵌まります。
f0165202_21382876.jpg
里山の住人です。
f0165202_21425855.jpg
リスはペール缶の縁にかけて、しっぽがフックに使えます。おすのリスは6ミリと10ミリのレンチ付き
めすリスは栓抜き付き。
クマは栓抜きと針金曲げ、切り株とリスは(小細工過ぎてボツ)イノシシに変更予定です。

たとえば、ナットをかましても良いのですけど、ナットがズレるし落ちるしイライラします。
f0165202_18430517.jpg



[PR]
by enasanroku | 2015-12-05 21:48 | 五徳のカタチ | Comments(2)

五徳のカタチ 4号機試作

鉄物はやはり、やっかいというか融通が利かないというか、鉄だからしょうが無いよねって4号機まで来てしまいました。
量産も考え始めて、鉄板1枚の大きさにもこだわらなく、大きめの鉄板でやってきました。
f0165202_12423524.jpg

足3ヶ
f0165202_12425135.jpg

輪っか
f0165202_12432262.jpg

治具
f0165202_1243459.jpg

リス2匹
f0165202_1243347.jpg

部材全部
f0165202_12443212.jpg

重さは
f0165202_12445496.jpg

足は112グラム
輪っかは145グラム
f0165202_12452737.jpg

治具は131グラム
f0165202_12462918.jpg

リスは1匹60グラム
f0165202_13372643.jpg

全体で733グラム
f0165202_12465990.jpg

仮組み、前回よりかみあっているので固定出来ます。
f0165202_12493026.jpg

治具はこうやってかみ合わせて使います。
f0165202_1250946.jpg

f0165202_12511329.jpg

f0165202_12512911.jpg

少しぐらぐらするので、お手伝い必要かも。
組み上がりは
f0165202_12515471.jpg

f0165202_1252846.jpg

f0165202_12522330.jpg

少し、足の下が水平になって無くて、要調整です。
f0165202_125331100.jpg

さて、ロケットストープに設置
f0165202_1254694.jpg

f0165202_1254195.jpg

ほぼ完成のつもりだったのですが、もちっといじってみます。
[PR]
by enasanroku | 2015-10-25 12:56 | 五徳のカタチ | Comments(1)

五徳のカタチ 3号機

試作3号機が来ました。今度はくりぬいた板毎。
組み込みの検証をしてみます。
f0165202_21565983.jpg

切り残しが少し。抜け落ちないように
f0165202_21574461.jpg

3個の足と、輪っかと、組み立ての治具(撮り忘れ)とリス
f0165202_2159468.jpg

f0165202_21584948.jpg

ドングリが消えちゃった
f0165202_21591512.jpg

こんな感じにはめ込みます
f0165202_21594378.jpg

f0165202_21595390.jpg

もともと大きな構造物を作っておられる鉄工所さんなので、ミリ単位のこんなのは迷惑だろうな~
と思いながらも、感謝ですが
意外と、当然言えば当然だけど、ミリ以下の加工は、、、
爪がダメでした。
やすりで削って、叩いて、ナントカ組み込み   写真をとる余裕無し
f0165202_2231890.jpg

ロケストにセット
f0165202_1141541.jpg

とりあえずは思ったように爪は填まって固定はされたけど
課題発生
微修正して
f0165202_22164258.jpg

4号機へ
ちなみに リスはここで
f0165202_11422694.jpg

今回の成果は、リスは意外と使えそうなこと。
次回は2匹に、ペアで、おまけとなります。
[PR]
by enasanroku | 2015-10-10 22:05 | 五徳のカタチ | Comments(1)

五徳のカタチ 大詰め

五徳のカタチもいよいよ大詰め。
試作品もヘビーユーザーに使っていただき、それなりに好評でした。

外輪っかシングルタイプで行くことにしました。
f0165202_2025331.jpg

足のカタチは曲線を多くして。滑り止めの段差を付けてあります。大鍋を乗せても安定するように、アブソーバー付き(これが機能する前にペール缶が潰れそうな気がする)。
穴はキノコのカタチ。森や自然をイメージ。猫足。
f0165202_20251343.jpg

足は輪っかの内側から差し込むカタチにしました。
f0165202_20252079.jpg

アヒルのカタチをした打ち込みの治具です。道具にして使えるように、ノブ窯の内窯つかみ、栓抜き、レンチを付けました。
f0165202_20252681.jpg

使い方はこんなカタチで。上から叩き込むイメージ。
f0165202_20253282.jpg

おまけはリスのハンガー。ペール缶の縁にかけて、トングなど道具をかけれるように。しっぽがリングになっているので、フックもかけられます。
f0165202_20254762.jpg

これをA4 1枚に納めると、
f0165202_20391620.jpg

これで最終の試作になればいいのだけど。
まだ一山ありそうな予感。
とりあえず、CADデータを送ります。乞うご期待?!
[PR]
by enasanroku | 2015-10-01 20:25 | 五徳のカタチ | Comments(0)

五徳の噛み合わせ

デザイナーの中野さんから噛み合わせのアイデアが届きました。
これをCADに製図し直します。
メスクワガタ作戦です。
f0165202_6533769.jpg
f0165202_6534756.jpg

0.5ミリの小さな突起が、相手方の穴に「填まる」仕組みです。
f0165202_6535594.jpg

で、レーザーの走路を「ひと筆書き」にするため、穴を繋いで(カブトムシの角案)、突起のカタチを半円にしたり、小さくしたり、ずらしたりの3ケースを。
f0165202_785095.jpg

↑右が原案、左上が△ずらし案、左下が半円ずらし案と
指が填まっても抜けるように、真円をやめて、△や楕円に変更。
f0165202_7553252.jpg

強度に問題がありそうなので、カブトムシ角案は却下。別案に変更。クワガタの雌!空想や妄想が止まらないようです。
f0165202_842589.jpg

これでCADを書いています。
f0165202_181974.jpg

あとはカーブの処理をスムースにして、試作3号機へ

「アイディアがどんどん湧いてきます。」と神の声。
「たたき台(なぐりのウケ)」に栓抜きと板レンチを付けました。一回で捨てるのもったいないモンね。
f0165202_2093439.jpg

輪っかの中は、勿体ないので、何かツールにして欲しい物はありませんか?
コストは増えますが、、楽しければ何でもあり。
f0165202_9361830.jpg

3タイプの噛み合わせと2種類(外輪と中輪)の案
f0165202_20531516.jpg

[PR]
by enasanroku | 2015-09-03 06:57 | 五徳のカタチ | Comments(0)

五徳の試作品 ロケットストーブ用

五徳の試作品 ロケットストーブ用の
試作品が、くみ上げられて届きました。
重い!しっかり物。9ミリ鉄板は、、さすがです。
f0165202_2115412.jpg
f0165202_21151257.jpg
f0165202_21153439.jpg

溶接タイプ 輪っかがダブル
f0165202_21162033.jpg

溶接は、ほぼ素人のカメラマン氏、
f0165202_21171116.jpg
f0165202_21172018.jpg

箇所も多いので、大変だったようです。
では、僕おすすめシングル組み込みタイプ
f0165202_2118756.jpg

f0165202_21183413.jpg

がっちり、食い込んでます。取れません。
f0165202_21184090.jpg
f0165202_21184698.jpg

重さは、両方とも1000グラム超え。どっしりしています。多少、、鉄板厚すぎです。
f0165202_21195783.jpg

f0165202_2120695.jpg

乗せた感じはよさげ。
f0165202_21213371.jpg
f0165202_21214127.jpg

f0165202_21221195.jpg

ぴったり。
f0165202_21224011.jpg

f0165202_2122519.jpg

やっぱり、溶接の必要の無い、シングルタイプで進めようかと。
噛み合わせのカタチを検討したいと思っています。
簡単に嵌められて、しかし外れない。しかも平面工作で、、、
f0165202_2126249.jpg

焚き火小屋五徳と。
f0165202_21263917.jpg

f0165202_21263034.jpg

溶けてます。切断面が鋭利で危なかったら仕上げが必要かとも思いましたが角は無いです。
[PR]
by enasanroku | 2015-09-02 07:49 | 五徳のカタチ | Comments(0)

新しい・五徳のカタチ

先日、10数年来お付き合いしていただいているプロカメラマンの方とお会いして「七輪」という飲み屋で、生還を祝してもらった。ロケットストーブの五徳にいたく興味もってもらって、、、、アイデアをいただいた。
えー!レーザーで鉄板をくりぬくことが出来る!!半信半疑で、宴席での戯れ言程度に、話半分程度に期待せずにいたのだけれど。
ネットで調べると確かにレーザー加工はある。金属の表札もその応用だ。
焚き火小屋コピーのゴトクも、曲げの技術と溶接技術が無いと出来ないし、現実的に鉄工場の親父さんのご好意でなんとか成り立っている状況。これも今回作ってもらっているのが最終の約束になってて、何か手は無いかと模索中にこの話。
組み木細工の様に、誰でも作ることの出来ることになればと、、、届いたのがこのアイデア。
f0165202_1321254.jpg

「9ミリ鉄板で行きましょう」とナカノさんに背中を押され。
 →後で聞いたことだけど、鉄工場へは臨時に勤め始めたばっかだったらしい
f0165202_1323374.jpg

色々なアイデア
足を固定する輪っかはダブル。最初は、缶底の凹凸を避けるためにくぼみが見られる。
ぎざぎざは鍋が滑らないように配慮
小さい輪っかが上、大きい輪っかが下。ゴトクが鍋の重さで広がらないように。
f0165202_133030.jpg

足底のくぼみは必要なしのアイデア図。
f0165202_1331240.jpg

ショックアブソーバーのアイデア図。輪の位置の変更と小さい方を下にしたアイデア。
相当重い鍋でも。但しペール缶が潰れるのが先かな。
f0165202_133259.jpg

輪をシングル、一カ所に。
f0165202_1333940.jpg

ハレパネで試作してみます。
ダブルタイプは、差し込みが互い違いになっているので、余裕が無いと差し込められない。溶接必須かな。
f0165202_13185357.jpg

CADの実寸なので、ぴったりはまります。
ゴトク本体が固定できるかの試行ですが、106径の輪っかで止めるか足で止めるか悩んでいたけれど、、どちらもしっかり止まります。
足の先で缶縁でも止めています。鍋の重みでズレることはなさそう。
大小の輪の上下関係は特に問題なしと考えられます。
f0165202_13211117.jpg

煙突を足で止めている。煙突の太い方には、はまらない。
f0165202_13302554.jpg

丸鋼タイプとの大きさ比較
f0165202_13212459.jpg

とりあえず、いろいろ試行試作。
f0165202_13274079.jpg

なんだか出来そうな気になってきました。

★「五徳の輪っかプロジェクト」は解消して(笑)「五徳のカタチ」(中京テレビキャッチにリスペクトして)で、再出発!!
・立体的には加工できないので、凸凹の組み合わせで固定出来るか
・溶接はしないで済めば
・厚さは9ミリはオーバースペックでは
・たたき込んで入る幅は、レーザーの溶け代による誤差、絶妙なかみ合わせは可能か
・費用は納得できる範囲になるか
などなど
ハードルはいっぱい。

さっそく試作してみます。
f0165202_1883660.jpg


f0165202_1885360.jpg


あっ 肝心な事。 ほしい方はいるのだろうか?
[PR]
by enasanroku | 2015-08-30 16:45 | 五徳のカタチ | Comments(0)