人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

学童保育所でロケストワークショップ

運営に関わっている坂本学童放課後クラブでロケットストーブとノブヒェン窯で楽しんできました。

東北震災のパネルを並べつつ、ロケストの生い立ちを話し、「山の子」のイラストを冊子にして手短にお話(笑)
ピザの生地を練っています。計量から子供たちがしました。丁度良い柔らかさがわかったかな?
f0165202_21341367.jpg

ピザの発酵待ちの間に、しこんでおいた「ぐるぐるパンbyTae」
f0165202_21342162.jpg

みんなで輪になって。竹は1メートル越えで長いかな?と思ったけど、炭火がけちって小さかったので丁度。みんなで丸くなって焼きます。
f0165202_21342913.jpg

とてもおいしく焼けました。みんな真剣に焼いています。
f0165202_21343638.jpg

こんなカレーピザも
f0165202_21344638.jpg

ロケスト・ノブ窯3セット活躍中。
f0165202_21345196.jpg

ミッキーピザも
f0165202_21345776.jpg


参加してくれた親さんはロケストに驚いたよう。
今度はロケストを作るワークショップを親父限定で、リクエストあり。やろか!
by enasanroku | 2012-10-27 21:39 | ロケストとノブヒェン

パーライトの違いによるロケストの表面温度差

パーライトの種類、黒曜石系と真珠石系との表面温度に触った感覚で差があるように感じたので計ってみました。

左が真珠石系、白っぽく小粒でグレー。右が黒曜石系、カスカスで簡単に手でつぶれる。
f0165202_22372230.jpg


ペール缶のデザインが青の紙ラベルのロケストには真珠石が、縦の赤のラインのロケストにはが黒曜石が詰まっています。まずは一番上は直に火が当たるので同じ。
f0165202_2239346.jpg

f0165202_1704253.jpg

次は炊き始め。これは炊き始めの時間に差があったから、データとしては×かな。
f0165202_22404788.jpg
f0165202_22404541.jpg

少したってから。30分から1時間くらい経過。
f0165202_22425371.jpg

f0165202_22422286.jpg

一番火が強い時、2時間くらい炊き続けている。
f0165202_2244717.jpg
f0165202_22441468.jpg

触った感覚のとおり、真珠石の方が断熱性が高い。黒曜石の方はカスカスで大粒のため熱が逃げていると思います。ヒートライザーとしての充填は真珠石の方がベターですね。
焼き上がりの比較は食べるのに忙しく見てなかったので、、、また後日と言うことで。

ちなみに焚き口は
f0165202_22491442.jpg

by enasanroku | 2012-10-26 22:50 | ロケストとノブヒェン

瓦のロケットストーブ講習会

瓦が地元の瓦工事やさんのご厚意で入手できたので、工事現場の代理人さんに集まってもらって、瓦のロケットストーブ講習会を行いました。
目的は、、、「みんな!今度どこかの災害に出動したら、現地でロケスト作ってボランティアしよう!」です。

瓦と煉瓦と2種類のロケットストーブの体験を計画していましたが、手違いで煉瓦がすくなくて、瓦のロケットストーブを2パーティで作ることになりました。

まずAチーム 「山の子」さんのイラストを参考に慎重に積んでいきます。
f0165202_22202634.jpg

煉瓦が乗っている瓦は1枚余分でした。
f0165202_22205362.jpg

パスタをゆでています。
f0165202_22223368.jpg

「山の子」さんのイラストをパネルにしました。
f0165202_672582.jpg


Bチーム 人の話を聞かない某専務乱入のため、「山の子」さんイラスト見もせず、勝手に積んでいきます。
f0165202_22244390.jpg

なんか変。引っかかりの突起があるので積みにくいけど、、、、、
後ろから火が出てきました。
f0165202_22261569.jpg

それでもピザは焼けます。
f0165202_22274790.jpg

やっぱりキッチンロケットストーブの登場です。本家ノブヒェン窯です。
f0165202_222926100.jpg


結局、瓦ロケスト2台、キッチンロケスト2台、ノブ窯3台のフル稼働でピザを焼きました。

瓦のロケスト、火力はすごいですねぇ。
今回の瓦は突起があったので、少し積みにくいですが、いろいろ試してみる予定です。
ちょっとした公園に設置したので、体験できるようにそのままにしてあります。
by enasanroku | 2012-10-25 22:35 | ロケストとノブヒェン

東山道まつりにロケスト出動

地元の地域イベントにロケスト、ノブヒェン出動しました。東日本大震災「忘れない」パネル展の隅っこで。
f0165202_17442387.jpg

蒸気機関車も走る、地震車も降雨体験機械もある片隅にひっそりと。
f0165202_17462043.jpg

土石流模型実験で土砂災害の恐ろしさも子供たちに、幼稚園さんですけど、地元は災害に遭っているから熱心なんです。お祭りに来賓でこられた平岩県会議員さんも立ち寄られ、ついでに(笑)ロケストの災害時での活用を説明しました。
写真も撮られて熱心でした。

恒例の三陸支援パネルで説明。ノブ窯と「いのししジャワカレー」
f0165202_17493622.jpg

ピザと「いのしし汁」調理中。
f0165202_17502656.jpg

ほとんどの方は説明の最後に「売ってるの?」って聞かれ、ご自分で作ってくださいと言うと、、、、
でも約3名の方は「自分で作ってみる」そうで、ロケスト同好会増殖中です。
f0165202_17515831.jpg


25日には瓦のロケスト講習会を行います。
by enasanroku | 2012-10-21 17:58 | ロケストとノブヒェン

ヤマタノオロチとは 実は暴れ川のことだった

河川治水学的解説です
ヤマタノオロチが川だったなんて、いったい どういうことでしょう。
まず、川全体のすがたを見てみましょう。上流で分かれる支流が尾。一本になって、くねくね流れる部分が胴体、そして、河口で分かれる派川が首、と考えると、ヤマタノオロチそっくりです。
ヤマタノオロチだといわれる斐伊川の現在の長さは153km。鳥取県東部、船通山から流れでると、いくつもの支流をあつめながら、杉など木々のおいしげる深い谷間をぬけ、出雲平野をつらぬき、宍道湖にそそいでいます(1639年以前は日本海にそそいでいました)。
川の上流部は、砂鉄の産地です。昔から、ここの砂鉄は「たたら製錬」といって、日本刀の材料にもなっていました。砂を流し砂鉄を沈殿させてとるカンナ流しによって、川床が砂鉄をふくんだ砂で赤さびた色になります。切られたヤマタノオロチの尾からツルギがでてきたり、その血で川が赤くそまったり。まさに、斐伊川はオロチそのものです。
美しい姫の名は、クシナダヒメ。漢字にすると、奇稲田姫(日本書紀)と書きます。つまり姫とは田のことでした。斐伊川の洪水が毎年のようにおこり、丹誠こめて育ててきた稲田を流し去っていたのでした。
そこで、スサノオノミコトは策をたてました。まず垣をめぐらせました。これは堤防だと考えられています。八つの門は堰、八つのタルはため池(遊水池)で、洪水(ヤマタノオロチ)をここにみちびいて、勢いをやわらげたのだと考えられています。
切りさいた尾からツルギがでてきましたが、川の上流で刀の材料になる砂鉄がとれることを考えると、なるほどとうなずけます。
さて、スサノオノミコトはクシナダヒメと結婚します。これは、治水に成功し、地域の人々の尊敬をあつめ、この地を治めるようになったことを意味しているのでしょう。
水害に痛めつけられながらも、洪水と戦い、土地を守ってきた古代の人々の姿が、感じとれるお話と思います。

神話の場人物
「スサノオ(スサノヲ、スサノオノミコト)」は、日本神話に登場する一柱の神である。『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命などと表記する。
「ヤマタノオロチ」という名称の意味については諸説ある。「オロチ」の意味として、「お」は峰、「ろ」は接尾語、「ち」は霊力、また霊力あるものの意などとする説もあるが蛇の一種の古語である「ミヅチ」や、ヤマカガシを「ヤマカガチ」と古来言った件などに見られるように「ち」とは蛇の意味と考えるほうが自然であろう。
「オオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)」は、日本神話に登場する神。別名 和多志大神、酒解神。オオヤマツミ自身についての記述はあまりなく、オオヤマツミの子と名乗る神が何度か登場する。神産みにおいてイザナギとイザナミとの間に生まれた。
「アシナヅチ・テナヅチ」は、日本神話のヤマタノオロチ退治の説話に登場する夫婦神である。『古事記』では足名椎命・手名椎命、『日本書紀』は脚摩乳・手摩乳と表記する。
「クシナダヒメ」は、日本神話に登場する女神。『古事記』では櫛名田比売、『日本書紀』では奇稲田姫と表記する。「奇し稲田(くしいなだ)姫」すなわち霊妙な稲田の女神と解釈される。
「斐伊川」は、古来より度々大洪水に見舞われ、暴れ狂う斐伊川を大蛇に例え、洪水と先人の戦いを「八岐大蛇(やまたのおろち)」神話として伝えられていると言われています。 斐伊川上流域は昔から砂鉄を精錬して鉄を作る「たたら製鉄」が盛んに行われ、その砂鉄採取のために山肌を削り土砂を川に流し、比重の違いで砂鉄分のみを分離する「鉋流し(かんなながし)」により、必要ない土砂を川に流したため下流域に多量の土砂の堆積をもたらしました。
 この結果、斐伊川本川下流域は全国有数の砂河川となり、その堆積した土砂により、全国でもまれな天井川となりました。そのため、斐伊川は度々洪水による氾濫を繰り返し、流域住民に多くの試練と苦難を与えてきました。しかし先人たちは、洪水のたびに変化する流路を氾濫した土砂を活用して堤防を築き、人工的に川を付け替え(「川違え(かわたがえ)」)ながら、洪水による氾濫を防ぎつつ、この肥沃な土砂を活用して、宍道湖を干拓し「新田開発」を行いました。

このお話は、古事記や日本書紀にでてくる神話です。
高天原を追放されたスサノオは、出雲国の肥河(斐伊川)の上流の鳥髪(とりかみ、現奥出雲町鳥上)に降り立った。川上から箸が流れてきたので、川上に人がいると思って川を上ってみると老夫婦が泣いていた。その夫婦はオオヤマツミの子のアシナヅチとテナヅチであった。夫婦には8人の娘がいたが、毎年古志からヤマタノオロチがやって来て娘を食べてしまった。今年もオロチのやって来る時期が近付き、このままでは最後に残った末娘のクシナダヒメ(奇稲田姫)も食べられてしまうので、泣いているのであった。
スサノオは、クシナダヒメを妻として貰い受けることを条件に、ヤマタノオロチ退治を請け負った。スサノオはクシナダヒメを守るためにその姿を櫛に変えて髪に挿した。そしてアシナヅチ・テナヅチに、強い酒(八塩折之酒)を醸し、垣を作って8つの門を作り、それぞれに醸した酒を満たした酒桶を置くように言った。準備をして待っていると、ヤマタノオロチがやって来た。オロチは8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み出した。オロチが酔ってその場で寝てしまうと、スサノオは十拳剣を抜いてオロチを切り刻んだ。尾を切り刻んだとき、剣の刃が欠けた。剣で尾を裂いてみると大刀が出てきた。これは不思議なものだと思い、アマテラスにこの大刀を献上した。これが天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)のちの草薙剣(くさなぎのつるぎ)である。
ヤマタノオロチを退治したスサノオは、宮殿を作る地を探して出雲国の須賀の地へやって来て、「ここに来て、私の心はすがすがしい」と言ってそこに宮を作った。それでその地を須賀という。宮が完成したとき雲が立ち昇った。そこで、「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」と詠んだ。スサノオはアシナヅチを呼び、宮の首長に任じた。

河川治水に関わる者にとっては斐伊川は聖地みたいなところなんです。
あの人はきっと改心したヤマタノオロチとか、いゃあおいしいモノ作ってくれるのはクシナダヒメとか妄想するのも楽しい。
by enasanroku | 2012-10-15 21:34 | その他

ノブヒェン釜でシンプルパン

ワイン液でシンプルパンに挑戦したが、全く発酵せず。蒸しパンにもならない「塊」状態で惨敗。
飲んで見たけど酔っぱらいそうだしピリピリするのでまだまだ発酵途上の感じ。
酵母死んじゃったのかなぁ。

とりあえず原点に戻ってドライイーストでシンプルパンby taeを焼いてみる。
f0165202_21465551.jpg

デ・ローマ(普通にホームセンターで売ってるテラコッタの鉢皿)のソーサーを17cmと21cmの組み合わせ。
f0165202_2148489.jpg

21cmの方は何度も使っているので撥水材は燃えて?水は浸透する。
はかったところ35ccの水が浸透する。約重量の5パーセント、乾燥と浸透の差35グラムの違い。瓦は10パーセント程度で水の量は敷きつめた瓦の量では70ccほど。
ソーサーは半分程度。いわゆる蒸気注入の役割を果たしている。
f0165202_21513287.jpg

焼き目が少し付かなかったが、中はフワフワ。とりあえず良しとしたい。
瓦を引いて焼いたのは少し底が焦げた。これもすぐに胃袋に収まった。

ガス弱火で30分
餅網なし 
パンの大きさ1個150g

13日の夕飯、チーズスコーンとグラタン。ともにノブヒェン窯で調理。
f0165202_2233252.jpg

グラタンの皿はダイソーの両手フライパン16センチの取っ手を取ったもの、収まります。

ノブヒェン普及委員会・中津川ラボ
by enasanroku | 2012-10-14 22:01 | ロケストとノブヒェン

ノブヒェン窯でレーズンのスコーン+

パンケーキミックスの賞味期限がすぎてしまってますけど
前回の「ブラックペッパー&ロースハムのスコーン」は実のところ実験の段階で今ひとつおいしくなかったのは本当のところ。

紅茶に合うかも「レーズンのスコーン」を焼いてみました。今回は卵黄を入れてみました。

パンケーキミックス : 150g
牛乳 : 50cc 卵黄含めて
砂糖 :大さじ1
塩 : 小さじ1/3
レーズン 適量 ちょいと少なかった。
150gはのばしたら丁度の大きさ
f0165202_1947863.jpg

四等分します。
f0165202_19472173.jpg

5分経過
f0165202_19472786.jpg

火を付けてから12分で焼き上がり。ひっくり返して強火で30秒。
f0165202_1947338.jpg

なかなかよさげ。少し甘かった。(翌朝、甘さはほどほどに)
f0165202_19474078.jpg

ただ、これが「スコーン」といえるかどうかは、本場のスコーンを食べてみないとわからない。
しかしノブヒェン窯でスコーンは簡単に焼けますね。パン発酵の合間に丁度いいいし、三時のおやつにも。

月曜日の昼過ぎ
パンケーキミックスの賞味期限がすぎてるのがあと一袋で
チョコチップを入れて砂糖少なめで焼いてみました。
パンケーキミックス : 150g
牛乳 : 60cc 卵黄含めて
砂糖 :小さじ1
塩 : ひとつまみ
f0165202_19311744.jpg

卵白を塗ってみました。テカテカ。焼き時間は中火で10分、ひっくり返して1分。
f0165202_193120100.jpg

高二娘は文句言わずに食べました。
by enasanroku | 2012-10-07 19:52 | ロケストとノブヒェン