人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

七輪用ゴトクを試してみる

キッチンロケットストーブをみんなに紹介したいけど、ゴトクがネック。
島根焚き火小屋手作りのゴトクをコピーしようにもあと一歩のところで停滞中。L型の足が高い。でも完成品で1000円を切るところまで来ているけれど、1つ売れたらその利益で1つは東北支援に充てたいと思うと、まだまだ高い、もう少しで実現できるところまで来ているけどね。

七輪用ゴトクを試してみました。
市販している3つを取り寄せてみました。
f0165202_18592190.jpg

左から、またまた
キャプテンスタッグ炭焼き名人 七輪用ゴトク ホームセンターで498円定価は1000円超えている。
ホンマ製作所七福輪 の五徳 450円
ホームセンターコーナンの七輪用ゴトク(ネットであったのに見つからない398円)消されているようです。季節商品かな?

しかし、どれもこれも微妙にはまらない。
f0165202_18594491.jpg

ペール缶の底でははみ出るが、蓋には丁度よい。
f0165202_18593825.jpg

コーナンの七輪用ごとくも底蓋にははみ出るが、蓋には丁度よい。
f0165202_18595439.jpg

f0165202_190021.jpg

固定できれば何とかなりそう。
ホンマ製作所のは小さすぎました。鍋敷きに使っています。
f0165202_19141586.jpg

鍋の座り具合、キャプテンスタッグ
f0165202_19145162.jpg

鍋の座り具合、コーナン。ともに金網とめの突起が鍋のズレ止めになります。
f0165202_1915757.jpg

大きな鍋は乗らないですね。

焚き火小屋タイプの五徳は引き続きトライします。

キャプテンスタッグ炭焼き名人 七輪用ゴトク は4カ所の足の穴を開けました。製品にばらつきがあるようで、最近買った物は少し大きくて蓋に入りませんでした。先を曲げれば入りますが、道具がないとうまく曲がりません。やっぱり中国製はばらつきが多いです。
f0165202_19161742.jpg

ペール缶の縁を切り欠いたら丁度はまった例です。
f0165202_99838.jpg

f0165202_993677.jpg

ディスクサンダーで縁の部分だけカットします。
f0165202_994966.jpg


コーナンの七輪用ごとくは、ワイヤーグリップで2カ所留めました。
f0165202_19162957.jpg

左側は裏の様子。またぐようにボルト穴を2カ所開けています。
f0165202_19163981.jpg

ワイヤグリップは1個42円
f0165202_19165041.jpg

左のキャプテンスタッグ炭焼き名人は中心が円形に組まれていて、煙突の高さによっては干渉しそうだが、コーナンの七輪用ごとくは、そういった鋼材がなくて、煙突がのばせそう。
どちらかと言えば、コーナンの方が良さそう。固定に部品がいるけど。
f0165202_19165946.jpg

蓋はベルトで留めてあります。中にも底蓋があるので二重になっていて、倒れてもパーライトが出てこないようになっています。
オイル缶は蓋のタイプが違うので再利用が難しいかも、ベルトタイプのペール缶は事業所向けが多そうなので個人での調達は難しいかもしれません。
原材料としてペール缶で使っている事業所にはありそうです。
f0165202_2254431.jpg

いろいろなところからペール缶をいただいているのですが、今回も右2つの下の缶は鋼板が少し厚いモノでした。一般的なオイル缶などは薄くて、何か重いモノをいれる場合は厚くなっているようです。
by enasanroku | 2012-11-25 18:58 | ロケストとノブヒェン

ロケスト作ろうワークショップ

坂本学童放課後クラブのお父さんたちと作るワークショップをしました。
やっぱり型紙の威力は絶大です。
  キッチンロケットストーブの作り方
少し心配になって大きめカットしたので(マジックのマーキングを1ミリ過ぎる位)、大きめでパーライトが漏れるくらい。
全体の作りは大ざっぱなんですけど、煙突の丸抜きには神経使いますね。
型紙とおりマジックインクぴったりにカットすると丁度いいです。
f0165202_17121679.jpg
f0165202_17125293.jpg
f0165202_17123084.jpg

本日5台完成。みなさん嬉しそう。大人の火遊びだー!
f0165202_1713659.jpg
f0165202_1712421.jpg

使い方講習会も
f0165202_1717888.jpg

ドラゴンズブルーのペール缶を余分にいただいたので、学童用に3台作ろうと思います。
防災用と言うより、体験用、イベント用です。

ところで、ホンマさんの煙突T、仕様が変わって「取っ手」付きに変わりました。着火するのに便利になりました。(取っ手付きは短期の変更のようでした。11月に注文した製品は取っ手なしでした。2012/12/30)
f0165202_19212646.jpg


今回はペール缶は各自調達でお願いしました。等倍の図面でレクチャーしてから完成までほぼ1時間30分かかりました。実工作は1時間ていど。他の資材は用意しましたが、これくらいの手間なら出前ワークショップしてもいいかな。
by enasanroku | 2012-11-24 17:18 | ロケストとノブヒェン

ロケットストーブ三態

間伐体験イベントでデモ
f0165202_2128585.jpg

煉瓦でも。
f0165202_21284242.jpg

じわじわと燃える感じ。
煉瓦は47個です。
f0165202_1444140.jpg

真剣に炊いてなかったので、良いか悪いかはコメントなし(笑)でも炎の引きはそんなに良くはなかった。薪もすぐに消えてしまったし。
最初はもっと低かったのですけど、だんだんと高くしていって、これくらいならという高さです。
by enasanroku | 2012-11-10 21:30 | ロケストとノブヒェン

みんなのノブヒェン窯の作り方

焚き火小屋から被災地へ贈られるキッチンロケットストーブに添えられるノブヒェン窯は焚き火小屋のジイ手作りで手の込んだもの。磨きあり、切断あり、溶接ありでとても素人がまねできるものではない。
f0165202_724191.jpg

使い勝手は普通のオーブンそのままだし、水に湿らせた瓦がパン作りの「蒸気注入」の役目を果たしている優れもの。写真には写ってはいないけど古い瓦を敷いて使うのが基本。
ピザは焼けるしパンも本当においしい。
被災地向けだけど、自分で作ればアウトドアの楽しみも増えるし、起こっては欲しくないけど、いざというときにも役に立つ。なにしろ燃料を買わなくていい。山に落ちている枝でもおよそ木材なら廃材でも十分燃焼する。
ということで、誰でもみんなが作れる「ノブヒェン窯by enasanroku」を考えてみました。
なので「みんなのノブフェン窯」です。
まずは要のフライパン。これが無ければ何も始まらなかった。鉄で分厚くてテフロン加工無し。いざというときには本格的フライパンとして使えます。
snow peak(スノーピーク) フライパンPro.1 2835円
※生産中止のよう。2015/02/12
f0165202_7145379.jpg

インナーボウルにパール金属のシンプルウェア ステンレス製ボール21cmを使います。これもこのために作られたようにひったりです。縁取りがされている分少し大きく、それでぴったりとしています。フライパンとこのボウルが無ければ未だに悩んでいたかも。
アウターボウルには敬意を表してパール金属 アクアシャイン ステンレス製 深型 ボール 27cm H-8240をおすすめ。
f0165202_7212213.jpg

どれもアマゾンや楽天で売っていますし、ホームセンターにも。ボウルはバロー、エンチョーには無くてカインズにはありました。

アウターとインナーの間に隙間を作って、そこに熱を対流させてオーブンにしているので、スペーサーは重要です。いろいろ試してみました。建築のアンカー、室内手すりのジョイント、建築の土台、シンク排水のゴミよけ。いろいろ試してみて、手前の白い金具に落ち着いています。
ちなみに右の丸いのは焚き火小屋作、単管パイプを切断し丸いプレートを溶接しています。
f0165202_7182979.jpg

f0165202_1755278.jpg

丸い型紙を作って中心に穴を開けます。
f0165202_720325.jpg

M6のボルトを使っています。
f0165202_7201827.jpg

あっという間に完成です。
f0165202_7203041.jpg


実はパール金属はキャプテンスタッグでアウトドアブランドを出しています。スノーピークも、ともに新潟のアウトドアブランド、コラボさせちゃいました。

今回のスペーサーは特殊部材なので1個では購入が難しいです。2個分の寄付をしていただけたら1個は東北支援に使いたいと考えています。ヤフーオークションあたりに出品するかもしれません。ただ現段階では決めかねています。
by enasanroku | 2012-11-03 07:27 | ロケストとノブヒェン

ロケットストーブの燃焼

少ない薪でよく燃えます。安定すると煙も皆無。
f0165202_2131996.jpg
f0165202_21311796.jpg
f0165202_21314080.jpg
f0165202_21315628.jpg
f0165202_213248.jpg
f0165202_21321191.jpg

by enasanroku | 2012-11-02 21:32 | ロケストとノブヒェン