人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bio Liteがやってきた

昨年の6月頃に製品化希望の出資募集サイトがあって、とりあえず参加してみた。
Kickstartar.comで 送金したのに予定の秋にも届かず、僕もそれどころでない状況になってて
放置しておいたのだが、気になってメールしてみると、輸送トラブルで行方不明でした。
送り直してもらった、、、1週間で到着
f0165202_2042131.jpg

メイドインチャイナ。頭の上を行って来たり。
f0165202_20421855.jpg

Bio Liteの公式ホームページより
直径約33cmの大型グリルを備えた、グループやファミリー向け大型キャンプストーブ。調理に合わせて炎の向きを切り替えられるレバーを装備し、BBQなどのグリル料理から、炎を絞っての煮込み料理や湯沸かしまで、多彩な調理が可能です。キャンプストーブよりも高出力のパワーモジュールを搭載し、より高い発電能力を実現。さらに、リチウムイオンバッテリーを内蔵し、炎で発電した電力を蓄えることも可能になりました。折りたたみ式の脚は、キャンプシーンでの使用に適した高さを確保し、収納時はコンパクトになるので、非常時の備えとしても役立ちます。手元を照らす取り外し可能なLEDライト付き。
f0165202_20422988.jpg
f0165202_2042366.jpg

結局アメリカでの販売価格と同じ299ドルを出資。おまけはケース。
送料が50ドルで、当時のレートが103円。計36,111円で購入できた。
日本でも購入はできるけど
モンベルが日本の代理店になってて、ケースは付属しなくて約50,000円、本日現在欠品中
f0165202_20424467.jpg

材質はステンレス
f0165202_20425226.jpg

焚き口は鋳物
f0165202_20425918.jpg

↑発電ユニット
f0165202_2043759.jpg

中をのぞくと、アルミのヒートシンク?
f0165202_20432235.jpg

f0165202_20432961.jpg

USBの口があって
f0165202_20433585.jpg
f0165202_20434339.jpg

ライトが点きます。
f0165202_20431397.jpg

バーべーキューもできるくらい大きい
f0165202_20435063.jpg

薪受けと
f0165202_2044232.jpg

灰受け
f0165202_2044255.jpg
f0165202_20443230.jpg

キッチンロケットストーブとの比較
f0165202_2185795.jpg
f0165202_219685.jpg
f0165202_2191449.jpg

f0165202_2193438.jpg

スマホも充電できそうだから、被災時に役立つかも。
暖かい物も食べられるし、通信もできるし。

サイズ
使用時:直径33.6cm×高さ58.4cm×奥行き53.3cm
収納時:直径33.6cm×高さ38.1cm
重量;8.16kg
主な燃料;薪、小枝、松ぼっくり、木質ペレットなどの固形バイオマス(木炭は推奨しません)
素材;ステンレス(本体)、鋳鉄(燃料挿入口)
USB出力;5W@5V (※炎の強さにより変化します。)
内蔵電池;2,200mAh リチウムイオン電池
充電能力;30分の充電 = 約5時間の通話 (※一般的なスマートフォンの場合)
付属品;ファイヤーライター(着火剤)、専用灰受け、専用焼き網、グースネックLEDライト (※携帯電話・スマートフォンなどの充電用ケーブルは付属していませんので別途ご用意ください。)
f0165202_2056187.jpg

持ち運びできるけど、意外と大きい。
f0165202_20562168.jpg

by enasanroku | 2015-01-30 21:11 | ロケストとノブヒェン